2017/01/08

TAMIYA 20042 ティレルヤマハ023 製作 <完成>

TAMIYA 20042 1/20 ティレルヤマハ023 製作 <完成>


<製作メモ>


-工作-

スジ彫りをBMCタガネ0.2mmで彫り直し。
ほぼストレート組み。


-塗装-

白はガイアノーツEXホワイト、青は同社ウルトラブルー。
クリアーコートは『ガイアノーツ/EXクリアー』を使用。


-キットについて-

恵比寿のミスター・クラフトで十年以上前に購めたもの。
シュンコー・モデルの良質なデカールが手に入ったので、此度製作を行うことができた。

ミスター・クラフト、もう一度行きたいお店である。


-----


















 



TAMIYA 20042 ティレルヤマハ023 製作 (4)

TAMIYA 20042 1/20 ティレルヤマハ023 製作 (4)


-- 細部塗装 --


カウル裏をタミヤ・エナメルXF-1で塗装。マスキングが面倒で、苦手な作業。




マスキング・テープは、糊が残らぬよう『上海』のように上から剥がす。




シートベルトはキットのモールドをそのまま使用。青は吹き付け、銀は筆塗り。




何が何んでも布のシートベルトにしなくともよいと考えている。




頭当ては艶消しを吹き付ける。




-- 最終組み立て --

カウルは接着するので、完成後に覗く部分だけ塗装する。




べったりとクリアー・コートを行うと、まず取り付け穴はふさがるので、必ずピンバイスで穴を拡げてから部品を組む。無理に嵌めると塗装が割れるので重要な作業である。




組み付けは比較的簡単。




完成したら、箱は処分する。私は同じF1キットを製作するのは、基本的に一度きりだと思って毎回製作している。




完成。プラモデルが完成する瞬間はいつもたまらない。